長崎県諫早市にある1972年創業の工務店「ムラヤマ」は注文住宅やスケルトンリフォームなど新築戸建てやリノベーション実績多数!お気軽にお問合せ・資料請求してください。

断熱はなぜ必要?

ムラヤマが家づくりにおいてなぜ「外張り断熱工法」を推奨しているか?
まずは工法の説明の前に、断熱がなぜ必要なのか知ってください。

人の健康と「熱」の関係

断熱不足の家と熱の関係

人の健康において大事なことは体温を維持することです。人体はわずかな体温の変化で具合が悪くなるのはみなさんもご経験済みかと思います。

夏の屋根は強烈な太陽熱にさらされ、真下にある2階の子供部屋や寝室はたまったものではありません。発汗が活発になる夏は、体力が消耗しがちになりますし、住宅内でも熱中症を引き起こす危険があります。

冬は暖房器で温められた部屋から寒い場所へ移ると、急激な温度変化による心筋梗塞や脳溢血などを引き起こす原因となる「コールドショック」現象の危険が潜んでいます。冬にしもやけや肌が荒れがちになるのは身体から逃げる熱を少なくしようとする人体の体温調節機能によるものです。

yajirusi

住まいでの暮らしの中で「熱」は人の健康と家の耐久性に密接に関係しており、熱のコントロールが快適な生活に必要不可欠なのです!!

夏は涼しく冬は暖かい!断熱施工で年中快適

断熱がある家とない家の比較

マイホームをお考えのあなたの今の住まいは築何年になりますか?

断熱技術がまだ確立されていない約20年以上の築年数のお家であれば、天井部分で断熱する仕組みのお家かと思われます。この天井断熱ではすきまができやすく、屋根裏が高温になるため十分な断熱対策の家とは言えません。さらに昔から日本の住まいは夏の暑さ対策を優先してきたため、冬の寒さ対策が施されていないのが現状です。

夏の暑さや冬の寒さをを寄せつけず、家の中を均一な温度で保つには家をまるごとすきま無く十分な断熱をする必要があります。

yajirusi

ムラヤマでは断熱技術が確立されていない頃から、家のまるごと断熱に着目し、長年の試行錯誤により、低コストの独自の断熱工法を確立しました!!

お気軽にお問い合わせください TEL 0957-24-3183 受付時間 9:00~18:00(日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社ムラヤマ All Rights Reserved.