長崎県諫早市にある1972年創業の工務店「ムラヤマ」は注文住宅やスケルトンリフォームなど新築戸建てやリノベーション実績多数!お気軽にお問合せ・資料請求してください。

断熱性能を発揮する正しい施工

高性能の断熱材を使用したとしても、それを正しく施工しないと機能しません。
外張り断熱工法に昔から着目していたムラヤマでは、長年の試行錯誤で、独自の低コストの施工技術を築きました。その技術をここでご紹介することはできませんが、基本的な施工方法をご理解ください。

家全体を断熱材でまるごと包み込む

外張り断熱の仕組み

住宅の断熱は建物全体をまるごとすっぽり包み込むのが鉄則です。

そして、断熱材を施工する上で一番重要なのが、すきまなく施工することです。すきまがあるとそこから熱が逃げてしまい、効果が落ちます。さらに、水蒸気も自由に移動してしまい、壁の中で結露が起こる原因になります。

住宅の断熱化で忘れてはならないのが、窓や玄関などの開口部です。断熱性能が低い開口部は熱が侵入しやすく逃げやすい。さらに結露が発生しやすいので、ガラスと建具の組合せによって断熱性能を向上させる施工が必要となります。

天井部の断熱工事
天井部の断熱工事の様子。断熱材のつなぎ目も特殊テープですきま無く施工
壁の断熱工事
壁側の断熱工事の様子。窓枠との境目や天井と壁の取り合い部分などもすきま無く施工。
基礎部分の断熱工事
基礎部分の断熱工事の様子。床下からの熱もしっかりと断熱します。
基礎部分の断熱工事
基礎部分の断熱工事の様子。床下からの熱もしっかりと断熱します。

yajirusi

断熱性能を十分に発揮させるために、ムラヤマでは家を断熱材でまるごと包み込む「外張り断熱」を推奨しています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0957-24-3183 受付時間 9:00~18:00(日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社ムラヤマ All Rights Reserved.