長崎県諫早市にある1972年創業の工務店「ムラヤマ」は注文住宅やスケルトンリフォームなど新築戸建てやリノベーション実績多数!お気軽にお問合せ・資料請求してください。

充填断熱と外張り断熱の違い

これまでご説明した断熱方法を施すには現在さまざまな種類がありますが、大きく「充填断熱工法」と「外張り断熱工法」があります。
この2つの工法を比較してどちらが家を建てる際のメリットになるか考えていきましょう。

充填断熱と外張り断熱の比較

外張り断熱工法の仕組

「充填断熱」は柱と柱の間や、壁や天井の中に断熱材を充填する方法ですが、断熱材同士のつなぎ目や他の部材との取り合いにより、すきまができやすいのがデメリット。

いっぽう、「外張り断熱」は家全体をすっぽり覆うように、柱の外に断熱施工するので、断熱材を切れ目なく施工することができ、壁にあるコンセントBOXや配管などの障害物の影響を受けないのが最大のメリット!

yajirusi

ムラヤマが推奨する「外張り断熱」は「充填断熱」に比べて、すきまができにくいので断熱性能がUP!!

結露に強い外張り断熱は家も健康で長持ち

外張り断熱工法の効果

充填断熱で使用する繊維系断熱材は、冬は外壁に近い部分で、夏は内装材の近くで断熱材内部が結露が始まる温度「露点温度」になりがちです。この状態が長く続くと結露が起きやすくなります。

外張り断熱で使用する発泡プラスチック系断熱材は水蒸気を通しにくく、断熱材の中で結露する心配がありません。また、一年を通して壁の中の温度は室温と比べてあまり下がらないので壁の中での結露の心配もなくなります。

yajirusi

ムラヤマが推奨する「外張り断熱」では高性能な発泡系断熱材を使用するので、結露しにくく、家が健康で長持ちします!!

お気軽にお問い合わせください TEL 0957-24-3183 受付時間 9:00~18:00(日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社ムラヤマ All Rights Reserved.